体質だからと諦めないで!

サプリメントの定義-サプリメントとは?

サプリメントの定義

健康志向が高まる昨今、サプリメントを飲んでいたり、飲んでみようかな、と思っている方が多くなっていますが、サプリメントを正しく理解している方は、案外多くありません。

なんとなくサプリメントを飲むのではなく、効果的にサプリメントを飲むためには、『サプリメントとは何か』を正確に理解することが、健康づくりにおおいに役立ちます。

サプリメントの定義

まず先にお伝えすべき事として、日本では、『サプリメント』という言葉には、行政的な定義はありません。
一般的には、日々の食事で不足している栄養素を補うための「食品」をサプリメントと呼びますが、極端な例として、たとえ栄養素がまったく含まれていなくても、日本では、「サプリメント」として販売可能である事は、知っておくと良いでしょう。

「健康食品」や、「栄養補助食品」にも、行政的な定義はありません。

ただし、平成27年4月から、「機能性表示食品」制度が始まりました。
この制度により、「特定保健用食品(トクホ)」「栄養機能食品」「機能性表示食品」という3つの表示が出来るようになりました。
これらの表示のある「サプリメント」「健康食品」「栄養補助食品」については、栄養素が含まれている事が保証されています。

ちなみに、アメリカでは、「サプリメント」は、「ハーブ・ビタミン・ミネラル・アミノ酸などの栄養成分を1種類以上含む食品」と定義されており、「サプリメント」の表示があれば、栄養素が含まれている事が保証されています。

サプリメントの種類・形状

先に記載したように、「サプリメント」には、定義がありませんので、「サプリメントの形」にも、定義はありません。

以前は、カプセルや錠剤、粉末など、お薬に近い形状のものが多かったですが、健康志向の高まる昨今は、お菓子やインスタント食品などにも、「ビタミンC入り」、「アミノ酸入り」などの表示があり、どこまでをサプリメントと呼ぶか、も難しい判断になりつつあります。

形状により、メリット、デメリットなどがありますので、簡単にまとめます。

タイプ イメージ 特徴
タブレット
(錠剤)
錠剤・カプセル 飲みやすい。
携帯に便利。
特殊な加工が可能(腸で溶ける、など)

 
粉末 粉末 体内への吸収が良い。
添加物が少ない事が多い。
手間がかかる。
ドリンク ドリンク 体内への吸収が良い。
飲みやすい。
糖分が多い。
食品 食品タイプ 食べやすい。
携帯に便利。
栄養価が低い。

サプリメントの種類・役割

サプリメントは、「栄養を補助する食品」ですが、役割、目的に応じて、3つに分類することが出来ます。

1つは、基本の栄養となる「ベースサプリメント」。
次に、健康増進のための「ヘルスサプリメント」。
そして、不調を緩和、改善するための「オプショナルサプリメント」です。

ベースサプリメント

ベースサプリメントというのは、ビタミンやミネラル、アミノ酸など、体の基本的な働きを継続するために必要な栄養素のサプリメントを意味します。
本来は、食事から摂取すべき成分がほとんどですが、バランスよく、必要量を毎日摂取するのは難しいものがありますので、それらを補うために使用します。

体のメカニズムとして、基礎栄養が揃わないと、特殊栄養は働けないので、ベースとなる基本の栄養素を、バランスよく、しっかり摂取するのは、実は必須事項です。

サプリメントを飲むのであれば、まず最初に飲むべきは、ベースサプリメントという事を理解しているか、していないか。
これは、サプリメントを効果的に活用するために、大きな差となる知識です。

●ベースサプリメントに含まれる栄養素の例/ビタミン(ビタミンA、B、C等)、ミネラル(カルシウム、マグネシウム、亜鉛等)、アミノ酸、食物繊維、乳酸菌など

ヘルスサプリメント

体の基本的な機能を維持しながら、健康を増進させるのが目的のサプリメントです。
「健康を増進」というのは、たとえば、風邪をひきにくくする、疲れにくくなる、活力を感じる、といった事で、「免疫力を高める」とか、「血液サラサラ」などの表現であらわされることが多くなっています。

また、免疫力の多くは、腸内環境が関わっているため、このサイトでは、「ベースサプリメント」に分類しましたが、食物繊維や乳酸菌を含むサプリを、ヘルスサプリメントとして分類する場合もあります。

●ヘルスサプリメントに含まれる栄養素の例/イソフラボン、ローヤルゼリー、カテキン、イチョウ葉、アントシアニン、レスベラトロール、乳酸菌など

オプショナルサプリメント

お困りの体調や症状の緩和、改善と目的として作られているサプリメントを、オプショナルサプリメントと呼びます。

サプリメントは、食品なので、基本的には、「●●が改善する」といった効果効能は表示出来ない事になっています。
しかし、さまざまな研究結果により、栄養素と不調の関連も多数報告されており、また、古来から、ハーブや薬草などを摂取する事で、体調不良を改善、緩和してきた、というのも事実です。

ある国では、サプリメントに分類されているけれど、ある国では、医薬品に分類されている、といったものもあります。

医薬品に近い効果があるので、効果抜群という表現もできれば、注意が必要という表現もできるサプリメントです。とくに、すでに医薬品を摂取している方は、注意が必要です。

●オプショナルサプリメントの例/セントジョーンズワート、DHEA,キャッツクロー、ノコギリヤシなど

サプリメントの種類・品質

サプリメントは、品質によっても3つに分類することが出来ます。

1つは、天然の栄養素でできた「ナチュラルサプリメント」。
次に、化学的につくられた栄養素でできた「合成サプリメント」。
そして、原材料は天然の栄養素だけど、それをもとに化学的に作られた「準合成サプリメント」です。

ナチュラルサプリメント

天然に存在する栄養素を、そのまま抽出したサプリメントです。
人間の体には、天然の栄養素でなければ、活性出来ない栄養素というものがありますので、天然に存在する栄養素をそのまま抽出したサプリメントが、もっとも体内で活性が高い栄養素となります。

原価が高くなるので、一般的には、サプリメント自体も高額となります。

合成サプリメント

石油などを原材料に、栄養素と同じ原子記号になるよう作られた化学物質で作られたサプリメントです。

原子記号としては同じでも、体内での活性が大きく落ちるほか、時には、逆にアレルギー源となったり、摂り過ぎによる不調が出やすいのが特徴です。

原材料が安く済むので、一般的には、安価で販売されています。

準合成サプリ

原材料には、天然の食材を使用しつつ、加工方法を駆使し、化学的に別の栄養素を作りだして作られたサプリメントです。

例として有名なのは、じゃがいものでんぷんを化学的に加工し、ビタミンCにしてしまう、というのが有名です。

原材料としては、天然の食材ですので、いっけん、安心できる栄養素に思えますが、実際には、化学薬品を使い、まったく別の栄養素になってしまった成分ですので、体内での働きは、合成サプリメント同様、活性が低くなります。

一説には、石油からの合成栄養素よりは、アレルギー源になりにくいとも言われていますが、臨床試験データなどが存在しないため、不明確な情報となります。

補足

品質を考えれば、ナチュラルサプリメントが当然お勧めのサプリメントとなるわけですが、実際に製品となっているサプリメントは、「ナチュラルサプリメント」として販売されていても、すべての栄養素が、天然の成分であるとは限りません。

※ナチュラルサプリメント という言葉にも、行政的な定義はありません

健康志向の高まりや、サプリメントへの知識が高まるにつれ、ナチュラル成分のほうが効果が高い、安全、安心、という情報が広く知れ渡るようになりました。
その結果、ほんのちょっとだけナチュラル成分を含有し、それ以外は合成栄養素でできているものを、「天然成分含有の高品質サプリ」として販売しているサプリも非常に多いです。

ナチュラルと書いてあるから安心、高額だから安心、といった考え方ではなく、メーカーの信頼度や、姿勢、方針なども考慮し、広告から、「ナチュラル」の示す意味を読み解きながら考慮する、という深さが必要になるのが、「高品質」選びの難しいところになります。

サプリメントの種類・法律

日本では、サプリメントは「食品」に分類されますが、平成27年4月から、「機能性表示食品」制度が始まり、法律的な分類が行われるようになりました。

「特定保健用食品(トクホ)」「栄養機能食品」「機能性表示食品」という表示のある「サプリメント」「健康食品」「栄養補助食品」については、栄養素が含まれている事が保証されています。

(詳細参照:サプリメントの新時代-法律による分類

まとめ

日本における「サプリメント」について、何よりも知ってほしいのは、「サプリメント」という言葉には、定義がない、という事です。

上記、分類方法をいくつか記載しましたが、いずれも、現代の実態から分類したものであり、行政的な定義はありません。
栄養がまったく含まれていないサプリメント、というのも実在するのが現状です。

そのため、ひとくちに「サプリメント」として販売されていても、その実態は、ピンからキリまで。

サプリメントアドバイザーとしては、せっかくサプリメントを飲むのであれば、目的に応じた効果を体感していただきたいところですが、本当に体感できるサプリメントというのは、市場にはごくわずかしかない、というのが現状です。

なんとなくサプリメントを飲むのではなく、効果的にサプリメントを飲むためには、『サプリメントとは何か』を正確に理解し、究極までに品質にこだわった選び方で、健康づくりにおおいに役立てていただきたいところです。