体質だからと諦めないで!

あぶらとり紙でこまめに拭いているのにテカる人はインナードライ肌

テカり対策ケア夏も終盤。。。というか、すでに、秋と言うべきなのでしょうか。
日中はまだまだ暑いですが、朝晩はだいぶ涼しくなりましたね。

梅雨時期から夏にかけて、紫外線にあたってしまう方が多いため、秋は、お肌トラブルに悩む方が多くなっています。

トラブルに対抗するケアをするのは大切な事ですが、間違ったケアをする事は、むしろ悪循環を引き起こすことになります。

今日は、
「あぶらとり紙でこまめに拭いているのにテカる」
「よく顔を洗うのに脂っぽい」
といったお肌のケアについて、記事にしたいと思います。

●テカる、脂っぽい場合にどんなケアをしますか?

テカりや脂っぽさが気になると、ついつい、脂を減らすケアをしてしまいますよね。
あぶらとり紙で何度も脂を取ったり、べたつきを抑えるケアをしたり、そもそもケアそのものを化粧水だけにしてしまったり。。。

実は、これ、全部、間違ったケアです。

「あぶらとり紙でこまめに拭いているのにテカる」
「よく顔を洗うのに脂っぽい」
という方の多くは、『インナードライ肌』

『インナードライ肌』というのは、肌の表面は、皮脂でテカるのに、お肌の内部は、水分量が少なく、内側が乾燥しているお肌の事を指します。

見た目の状態から、『脂性肌』と思いこんでいる方が少なくないのですが、実は逆!
『インナードライ肌』の原因は、『乾燥』です。

●インナードライ肌の原因は、『乾燥』です。

肌は、乾燥すると、それ以上の水分蒸発を防ぐために、皮脂を分泌して肌表面に膜を張ろうとします。
肌内部が乾燥しているので、どんどん皮脂を分泌してしまう。
その結果、見た目、テカりや脂ギッシュな肌になってしまうのですが、肌の内側は非常に乾燥していて、それが根本の原因となりますので、

「あぶらとり紙でこまめに拭いているのにテカる」
「よく顔を洗うのに脂っぽい」
という方は、何よりも、乾燥を防ぐケアが必要となるのです。

乾燥を防がないといけない肌なのに、皮膚表面の脂をとるようなケアを続けていると、さらにますます肌内部の乾燥が進んでしまい、テカり、脂ギッシュが治らないだけでなく、将来のシワ、たるみの原因になってしまいますので、注意が必要です。

●乾燥対策には、スキンケア・生活習慣・栄養の3大ケアが必要です。

これだけ行えばOK!なんていう甘い誘惑の広告も多いですが、『お肌』にも、いろんなものが関わっています。
何か1つだけのケアをするだけで、そうそう良くなるものではありません。

本当の意味で、対策をしたいのであれば、『スキンケア』『生活習慣』『栄養』
どれもケアが必要です。

■スキンケアの秘訣
インナードライ肌の方は、お肌が乾燥しているのです。
だから、乾燥対策のケアをすることが重要です。

何度も皮脂をふき取ったり、何度も顔を洗うのは、絶対にNG!

それから、若い子がニキビ対策で使用するような、皮脂分泌を抑えるようなケアもNGです。
化粧水だけで終わらせるのもNGです。

徹底した保湿ケアをする事こそが、インナードライ肌の方に必要なスキンケアです。

保湿ケアをする際のポイントは。。。
1.洗顔の際に、熱いお湯を使わない
  ⇒30度前後のぬるま湯がお勧めです。
2.刺激の少ないメイク落とし、洗顔料を使う
  ⇒若い子のニキビケア用はダメ。アルコール成分が多いものもダメ。
3.お肌に水分をたっぷり補給する
  ⇒化粧水の重ね塗り、化粧水パック、パッティングなどがお勧め。
4.クリームでしっかり膜を張る
  ⇒量は少なめでも良いですが、保湿力の高いクリームで必ず膜を張ってください。
5.洗顔後はすぐにスキンケア
  ⇒時間が経過すると、どんどん水分が蒸発してしまうので、洗顔後はすぐにスキンケアをしましょう。

※私自身が使用しているものを聞かれる事が多いのですが、私は、ライフプラス社のスキンケアシリーズと、ヤマノ肌の商品を併用しています。
ライフプラス社のスキンケア用品は、保湿力抜群ですが、汚れを落とす力が少し弱く、また、クレンジング剤がないので、その部分をヤマノ肌の商品で補っています。
(ヤマノ肌さんと私はまったくの無関係、単なる消費者ですので、お問い合わせは、ヤマノ肌さんいお願いします。)

■生活習慣の秘訣
乾燥を避ける生活習慣というのも、実にさまざまなものがあるのですが、例をあげると。。。

紫外線を避ける。
冷暖房で乾燥させすぎない。
加湿器を使う。
不規則な生活をしない。
煙草をすわない。
ストレスをため込まない。

といった事です。

秋になると、紫外線対策を怠る方もいますが、秋も、紫外線対策は必須です。
刺激の少ない、SPF30以下の日焼け止めや、日傘などは、継続したいところです。

■栄養の秘訣
お肌のための栄養素といえば、もっとも有名なのは、『コラーゲン』ですね。
コラーゲンには、細胞と細胞をギュッと結びつける力があり、無駄な蒸発を防いだり、また、保水力そのものを高める効果がありますので、乾燥対策には、やはり、コラーゲンは有効です。

ただし、そのコラーゲンを活かすためには、『基礎栄養(ビタミンやミネラル)』も、前提条件として必要になります。

マルチビタミン&ミネラルと共に、コラーゲンを摂取するのがお勧めです。

また、コラーゲンにも、いろんな商品がありますが、その品質は、ピンからキリまであるのが現状です。

コラーゲン選びのポイントは、
1.魚由来のコラーゲン
2.細分化されたコラーゲン
3.含有量が多すぎないコラーゲン
4.合成甘味料を含まないコラーゲン
5.プルプルしていないコラーゲン
を選ぶのがお勧めです。

豚由来のコラーゲンは、細分化しても分子が大きいので、お肌に届きにくいのです。
必ず、魚由来の、細分化されたコラーゲンを選ぶのがお勧めです。

また、含有量が多い商品というのは、いわば、吸収量や活性量が悪いコラーゲンの証です。
お肌に良いコラーゲンとはいえ、活性せずに血中にたまれば、それは、血液を汚す原因になります。

ドリンクタイプのものには、飲みやすくするために合成甘味料が多く含まれていますが、これも、血液を汚す原因に。

それから、プルプルしていると、コラーゲン、って感じがして、効き目がありそうに感じますが、本当に細分化されているコラーゲンは、プルプルしません。
プルプルしているものは、細分化されていないか、もしくは、添加物などでプルプルさせているだけなので、避けるのがお勧めです。

美肌は1日にしてならず!

正しいケアを、『継続』することこそが大事です。
正しいケアの知識として、活用していただけると幸いです。

【関連おすすめサプリ】

お勧めサプリ深海魚の低分子コラーゲンに、ヒアルロン酸も含まれています。
♡完全無添加だから、吸収力・活性力も抜群です。
保水力に欠かせないコラーゲンとエラスチンの水準を改善・維持するのに断然お勧め!私自身も手放せない自信のコラーゲンサプリです。

フォーエバーヤング・ライフプラス・コラーゲン・美肌サプリ■ フォーエバーヤング
30日分:5,800円(定期購入時5,700円)
PCからのご注文はこちら 
携帯電話からのご注文はこちら

(※寝る直前&寝起き直後に飲むのがお勧めです )