どうして日本のお店で買えないんですか?

いくつか要因があるのですが、まず、1番重要な点としましては、「保存料が入っていない」という点です。

ライフプラス社は、世界65か国に発送しておりますが、すべて、工場からお客様のご自宅へと、ダイレクト発送されております。
消費期限は、未開封で半年になりますが、「店頭で売る」と考えると、半年では、まったく足りないのです。

私自身、とある日本の大手販売会社様に、扱ってもらえないかという質問を送ったことがあるのですが、最低でも「消費期限2年が必要」と言われました。ですが、消費期限2年の場合、よほど売れなければ、在庫として置けないので、やはり、消費期限は5年が理想、と言われました。

せっかく、保存料をまったく入れない品質のサプリメントなのに、保存料が入っていないがゆえに、店頭販売できない、というのは、残念なことです。
逆に言えば、店頭に並んでいる商品というのは、そのくらい保存料が入っているものしか並んでいない、という事にもなります。

次に、ライフプラス社では、添加物を使わずに、「ファイトザイム」という「植物酵素群」でサプリメントを固めています。
普通に植物に入っている酵素なので、野菜とか果物を食べれば、誰でも摂取できる栄養素なのですが、これが、日本では、「酵素」は、いくつかの酵素を除き、栄養成分として表示することができません。

それから、これはとても残念なことでもあるのですが、日本は、栄養療法への理解が低い、というのも1つの要因です。
ライフプラス社のサプリは、自然療法や栄養療法の盛んなドイツやヨーロッパで大変よく売れています。ヨーロッパでは、オークションサイトで偽物が出回るほどの人気です。

しかし、日本では、サプリメントは、あくまでも食品。体調を整えるとか、改善するとか、そうした要素は、即刻医薬品扱いされてしまいます。効きすぎるサプリメントは排除される。
そうした懸念があるかぎり、なかなか進出は難しいところです。

ライフプラス社のサプリメントは、医科向けに開発されたサプリメントです。
品質こそが命、として、長年開発されてきています。
日本のサプリメント事情を考えると、なかなか、日本での展開、日本での店頭販売は、今後も難しいと思います。

「個人輸入」はお手間をかけることになりますが、それこそが、品質を保つための方法でもある、という事で、ご理解いただければと思います。

品質こそが命。医科向け開発のサプリメントの効き目を体感したい方はこちらから

 

■よくある質問
お手続きに関するQ&Aはこちらへ
サプリメント全般に関するQ&Aはこちらへ
個別のサプリメント関するQ&Aはこちらへ
お悩み相談事例はこちらへ

こちらにないご質問は、お気軽に問い合わせフォームよりご質問下さい。
※フォームが開かない場合は、info@shop-biolife.com までメールにてご連絡くださいませ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です