はじめましての方へ >> 自己紹介

40代女性が年収をあげるための4つのプラン

お給料上がってほしいわぁ

毎日がんばっているのに、給料これだけかぁ。
もうちょっとあれば、あの美容液も買えるのになぁ~。

    「40代女性のお仕事」と言うと、

  • バリバリのキャリアウーマン
  • 専業主婦の扶養内パート
  • 兼業主婦のフルタイムワーママ

なんて形が代表的だと思いますが、どのパターンであっても、「もうちょっとお給料あればなぁ・・・」と思う事が多いですよね。

 

国税庁公表の平成28年度民間給与実態統計調査によると、40代女性の平均年収は300万円。

男性は、年齢を重ねるごとに年収が増える傾向にありますが、女性は、どの年代でもほぼ横ばい。

「女性が年収をあげる」って、実は大変な事なんですよね。

今日は、40代女性が年収をあげるための「4つのプラン」をお伝えします。

■本記事の内容

  • 「交渉」で年収をあげる
  • 「資格」をとって年収をあげる
  • 「転職」で年収をあげる
  • 「副業」で年収をあげる

「お金」が増えて素晴らしいことは、「人生の選択肢」が増える事です。
自分自身はもちろん、家族や大切な人の選択肢も増えると考えると、さらに嬉しいですね。

40代女性が年収をあげるための「4つのプラン」

  • 「交渉」で年収をあげる
  • 「資格」をとって年収をあげる
  • 「転職」で年収をあげる
  • 「副業」で年収をあげる

いくらあげたいのか、いつまでにあげたいのか。そこも合わせて考えたいところです。

「交渉」で年収をあげる

「交渉」という言葉を使うと難しく感じますが、要は、「お願いしてみる」という事。
意外と、お願いしてみると、すぐにあげてくれることがあったりします。

ただし、「みんな」の前で、おもしろおかしく言ってはダメ!
「冗談」で終わっちゃいます。

冗談じゃなくて、「本気で言っている」、という事を伝えなくてはいけません。

ただ、時々、値上げ依頼を、「卑しい事」を受け取る経営者や上司がいるんです。
逆にお給料が下がったり、やめさせられでもしたら、たまったものじゃありません。

卑しく思われないためには、言い方、ニュアンスが重要です。

私は、今現在、フリーで在宅ワークをしていますが、それまでには6つの職場を経験しています。
その中で、実際に、4つの職場でお給料があがった言い方を教えちゃいます。

実際にお給料があがった言い方
「〇〇さん(上司の名前)、私、〇〇さんと働くのが好きで、ここやめたくないんですけど、 ちょっと生活的にきつくって。 もう少しお給料あがったりとか・・・無理ですかねぇ。。。」

👉ポイント

  1. 上司を持ち上げていい気分にさせる。
  2. 職場は好きだと伝える
  3. 「上げてください」と言い切らない。

あとはタイミング。

「会社」だと、「昇給」って時期が決まっているので、査定の時期に言わないと意味がないです。
アルバイトやパートなら、いつ言っても良いと思いますが、忙しいシーズンの前に言うと、割合効果的です。

ただし、「お願い」が聞いてもらえるのは、あなた自身が日ごろ頑張っているからこそ。

さぼってばかりの人が「交渉」したら、「は?」って言われるだけなので、もし、逆に、「は?」って言われて終わったら、 自分自身の働き方を見直してみましょう。
きっと、もっと頑張れるはず。

頑張れば、自然とお給料アップするかもしれません。

「資格」をとって年収をあげる

もっともわかりやすいのが、資格手当。 資格手当が存在するのであれば、真っ先に、その資格をとるべきです。
これはもう、1日も早くとったほうが良いです。

資格手当なんてない。という方が、資格をとって年収をあげようと思うなら、いわゆる「士業」と言われる資格を狙うべきです。
士業以外は、「資格のおかげで収入アップ」というのは難しいです。

給料アップが見込める資格の例

  • 税理士(平均年収700万円)
  • 公認会計士(平均年収1,018万円)
  • 社会保険労務士(平均年収527万円)
  • 弁理士(平均年収700万円)
  • 司法書士(平均年収630万円)
  • 土地家屋調査士(平均年収486万円)
  • 行政書士(平均年収600万円)
  • 不動産鑑定士(平均年収679万円)
  • 中小企業診断士(平均年収780万円)
  • 医師、弁護士は、時間がかかりますので、選択肢から省きました。 40代女性が今から目指しても資格がとれる頃には定年間近です。

    とはいえ、医師、弁護士以外ならラクラク資格が取得できるのかといえば、そんなことはありません。やはり、2~3年の勉強時間は必要です。

    2~3年の時間を先行投資する覚悟があれば、うまくいけば、年収300万アップ。とかもありえます。

     

    ちなみに、下記のような資格は、人気はありますが、あまり年収アップにはつながりません。

    給料アップが見込めない人気資格の例

  • ネイリスト(平均年収327万円)
  • フラワーアレンジメント(平均年収363万円)
  • カラーコディネーター(平均年収230万円)
  • フードアナリスト(平均年収データなし)
  • 食生活アドバイザー(平均年収300万円)
  • 野菜ソムリエ(平均年収274万円)
  • 他 ダイエット検定、 アロマコーディネーター、メディカルハーブ検定、ライフスタイルプランナー、 ラッピングディレクター、温泉ソムリエ、タイガース検定など
  • もちろん、これらの資格を持っていて、超人的な年収を稼いでいる方もいますが、そういう方は、だいたい、資格の力ではなくて、 その人自身のカリスマ性で稼いでます。

    「転職」で年収をあげる

    ほんの10年、20年前までは、終身雇用が当たり前でしたが、今は、逆に、転職するのが当たり前の時代です。

    先ほども言いましたが、私自身も、6つの職場を経験しています。
    実際、「お給料アップしたい」という理由で転職をしたこともあります。

    ただ、結論から言うと、「転職しても、意外と年収はあがらない」というのが実態のような気がします。

    私の知人の例でいうと

    【社内3位以内に入る営業ウーマンだったMちゃんの話】

    コピー機のリースの営業をしていたMちゃん。 社内3位に入るほどの成績だったのですが、お給料はあがらず、不満で転職。
    営業能力をかわれ、給料アップでの転職になりましたが、転職先で営業活動がうまくいかず、2年めは給料ダウン。結果、転職前とほぼ変わらない収入になりました。

    【3人育児中のワーママSちゃんの話】

    家事や育児が忙しいので、なるべく短時間で効率よく稼ぎたい、という事で、 コンビニのパートから、時給の良いスーパーの店員さんに転職。
    スーパーには、たくさんの主婦の方がいて、結局、シフトで入れる日数が減って、収入はむしろ下がってしまいました。

    もちろん、転職で収入が大幅にアップする場合もあります。
    そのためには、お給料があがる条件、下がる条件など、事前のリサーチと分析が重要です。

    「副業」で年収をあげる

    本業があって、副業がある。 本業以外に収入ラインができるから、結果的に、年収が増える。という事です。

    もっともわかりやすいのは、お休みの日だけアルバイトをする形ですね。特に、土日お休みの方は、飲食店などで需要があるので、土日出勤だけでも、多くの求人があります。

    ほかにも、最近は、いろんな副業ができる世の中になっています。

    人気の副業

  • ユーチューバー(YouTuber )
  • アフィリエイター
  • ライター
  • イラストレーター
  • 他、お悩み相談、話し相手、モーニングコールなど
  • 時々、「在宅ワークでめちゃくちゃ稼ぐ!」みたいな情報を見かけますが、そんな簡単に稼げるわけはないので、 宣伝文句に惑わされて、いきなり起業するのは、NGです。

    在宅ワークの場合、最初はお客さんがいないんです。うまく発信出来るようになるためには、ある程度時間がかかります。

    めちゃくちゃ天才でも半年。 一般的な平均値だと3年。くらいが目安と言われています。

    ただ「副業として」毎月200~300万円稼いでいるような人もいます。夢がありますね。

    年収アップのために、今すぐ無料でできる事


    すべてにおいて、まずは1歩を踏み出さなければ、何も進みません。
    まずは、無料でできる事をやってみて、モチベーションがアップしてくるかどうか。縁があるかどうか。を見極めてみるのも良いですね。

    資格の無料請求

    資格の取得を考えているなら、まずは資料を請求してみないことには、何も始まりません。

    有名なのは、「ユーキャン」ですよね。
    他にも、「資格のTAC」とか「ヒューマンアカデミー」「資格の大原」「資格スクール大栄DAIEI」「フォーサイト」など、様々な会社がありますので、気になるものは資料請求してみる。まずはそこからです。

    転職エージェントに登録

    転職エージェントというのは、自分の経歴を登録しておいて、企業側からのアプローチを待つ。という形の転職活動です。
    登録だけしておいて、声がかかったら考える。という形ですね。

    自分自身のキャリアをアピールする必要があるわけですが、企業が求めるものは千差万別。
    経歴の書き方も、ちゃんと担当さんがアドバイスしてくれます。登録しておいて損はないですね。

    有名なのは、「ビズリーチ!」
    他にも、「マイナビ」「パソナ」「リクルートエージェント」「doda」などいろいろあります。

    SNSの開設・投稿

    「自ら発信する」を学ぶためには、SNSに登録して、投稿してみる。または、インフルエンサーと呼ばれる方の投稿を見る。という事が、「勉強」になります。

    有名どころは「youtube」「facebook」「Instagram」。
    他にも、「Google+」「mixi」「アメーバブログ」「はてなブックマーク」「Pinterest」などもSNSです。

    【まとめ】40代女性が年収をあげるための4つのプラン

    当たり前の話ですが、40代が終われば、50代ですね。

    40代で頑張ることが、50代の生き方にかかわる。
    50代で頑張ることが、60代の生き方にかかわる。

    言い方を変えれば、40代で得た年収で、50代の生き方が変わる、という事です。

    個人的に、生活費と医療費を払っていっぱいいっぱいの生活はイヤだな、と思います。
    身体は年々衰えていきます。 1日でも早く、年収アップのために、動いていきたいですね。

    最後にもう一度、40代女性が年収をあげるための4つのプランをまとめておきます。

    • 「交渉」で年収をあげる
    • 「資格」をとって年収をあげる
    • 「転職」で年収をあげる
    • 「副業」で年収をあげる

    年収アップを考えることは、充実した人生を過ごすための第1歩です。

    それでは今回はこの辺で。ゆっきー(@yukkie.43) でした。

    Instagramで、アラフォーあるあるとかブログ更新情報を発信中です!
    ゆっきー(@yukkie.43)をフォローしてもらえるととても嬉しいです♪

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です