はじめましての方へ >> 自己紹介

失敗しない亜麻仁油の選び方と愛用品リスト

失敗しない亜麻仁油の選び方
「健康に良い」といううわさ話だけで、とりあえず安い亜麻仁油を使っていませんか?

亜麻仁油は、「身体に良い油」という情報だけが蔓延してしまい、選び方、使い方によっては、逆に発がん物質になる、という事を知らない方が多いように思います。

なので、今回は、亜麻仁油を選ぶポイントについてまとめていきます。
私自身の愛用品についても、まとめておきます。

\ 私の愛用品はこれです /
▶国産非加熱の亜麻仁油

 

CHECK!
無添加生活愛用品リストおススメ商品と愛用品をまとめた記事です。添加物や化学合成物質が気になる方は、参考にどうぞ
無添加おススメ商品まとめ-愛用品リスト

亜麻仁油の選び方-3つのポイント

亜麻仁油の選び方について、簡単にまとめます。

亜麻仁油は、唯一、ゲルソン療法中にも使っていた油です。 「絶対に死なない」という強い決意で、調べて調べて調べまくった中で、亜麻仁油の選び方のポイントは、3つあります。

絶対にチェックすべきポイント3つ

  1. 低温加工である事
  2. 加工方法が圧搾法である事
  3. 遮光性の瓶に入っている事

順番に詳しく説明していきますね。

低温加工である事

すべての油について言える事ですが、油の品質を決める最大の決め手は、加工温度です。

  • 高温加工 ➤ 加工の段階で酸化し、発がん物質に。
  • 低温加工 ➤ 酸化が少なく、悪影響がない。

特に、亜麻仁油は、「オメガ3系脂肪酸」という分類で、熱に弱い油です。 高温で加工されている亜麻仁油は、まったくもって、健康に良い油ではありません。

加工方法が圧搾法である事

油においては、添加物を含むかどうかの決め手になるのが、加工方法です。

  • 圧搾法 ➤ 原材料に圧力をかけて絞る
  • 抽出法 ➤ 原材料に添加物を入れて油分を浮かせて絞る
  • 圧抽法 ➤ 圧搾法で残った原材料に添加物を入れて油分を浮かせて絞る

添加物を含む油を高温加熱すると、「ヒドロキシノネナール」という毒物が発生し、脳の働きを阻害します。 脳は、身体のすべての機能の司令塔です。 司令塔が狂えば、全身、どこに不具合が出るか、わかったもんじゃありません。

これは、私の偏った見方かもしれないのですが、添加物を含む抽出法を選ぶメーカーは、加工温度も高温である可能性99.99999%!だと思っています。

遮光性の瓶

どんなに品質の良い油を作ったとしても、入れ物がプラスチックじゃ意味がありません。

プラスチックの容器の問題点

  • プラスチックの毒性が油に溶けだす
  • 油そのものの酸化が進む

ほんとに品質の良い油を作ろうとするメーカーなら、絶対に瓶にいれて販売します。
その中でも、遮光性の瓶が、もっとも酸化スピードが遅いので、遮光性の瓶に入っている事を目安にすべきです。

おすすめ亜麻仁油-私の愛用品

私自身が、基本的に愛用しているのは、亜麻公社の「北海道産亜麻仁油」です。

亜麻仁油愛用品 生食用の北海道産亜麻仁油・アマニ油95g
【以下、販売店サイトから抜粋】
●北海道産の亜麻種子だけを原料に低温圧搾(コールドプレス)でじっくり絞り、ろ過した100%ピュアオイルの亜麻仁油(あまにあぶら)です。
●北海道産の亜麻仁油は契約農家で栽培しております。
●栽培期間中は農薬を使用しておりません。良質な種子だけを使用しています。

3つのポイントを満たしているのはもちろん、私は、国産の油を選ぶようにしています。

本来、油は海外のほうが良質なものがあったりするんですけど、そもそも、日本で販売されている時点で、「精製」が前提なので、日本で販売されているもので「生オイル」というのは、ありえない。

であれば、酸化スピードを考えて、国内で、作り立てを発送しているのが1番良いだろう、という結論にたどり着きました。

「作り立て」というのが、最大のメリットです。

癖はないんだけど、甘みを感じるというか、甘いフルーティ感のようなものを感じる亜麻仁油です。

我が家では、かれこれ10年以上、売り切れていない限り、この亜麻仁油を利用しています。

\ 1番おすすめ! /
▶国産非加熱の亜麻仁油

 

おすすめ亜麻仁油-愛用品がないときに買うもの

新鮮とか、天然にこだわるほど、どうしたって、「売り切れ」のリスクを避け切ることはできません。でも、酸化しやすい油なので、買い溜めもおススメしません。

というわけで、時々、売り切れで買えない。という事態が発生します。

亜麻仁油

そんな時に買っているのが、これも同じく、「亜麻公社」の「北海道産亜麻仁油」です。正直、いつも使っている亜麻仁油との違いはよく分かりません。

2本単位でしか買えないのですが、1本あたりのお値段は、こっちのほうがちょっと安いので、コスパ重視の方は、むしろ、こっちのほうがおススメかもしれません。

\ コスパ重視なら /
▶2本セットで割安です

 

それさえも売り切れているという、緊急事態には、グッとグレードが下がりますが、こちらも購入したことがあります。
亜麻仁油愛用品低温加工、圧縮加工、遮光瓶。いずれのポイントも抑えています。
国内加工なので、輸送中の酸化リスクも小さいです。

ただし、原材料が国産ではありません。HPに記載されているところによると、ペルー産らしいです。

私の知識によれば、日本で亜麻をつくって油にしているのは北海道のみ。北海道産以外の「国産亜麻仁油」は、海外産の原材料を使用しているはずです。

でも、原材料がペルー産というだけで、お値段は3分の1になります。3分の1って、すごいですよね。

 

亜麻仁油の選び方まとめ

健康ブームで大人気になった亜麻仁油なので、 調べてみると、想像以上にたくさんの種類が売っていて驚きます。

だけど、亜麻仁油は、品質次第では、逆に身体に悪いものに変わってしまいます。

しっかりと見極めて、せっかくこだわるのであれば、圧倒的に品質の良いものを選びたいですね。

亜麻仁油選びのポイント3つ

  1. 低温加工である事
  2. 加工方法が圧搾法である事
  3. 遮光性の瓶に入っている事

それでは今回はこの辺で。ゆきママ(@yuki40inner)でした。

Instagramでは、無添加生活あるあるとかブログ更新情報を発信中です!
良かったらゆきママ(@yuki40inner)をフォローしてね♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です